• ホーム
  • 中古ドメインで効率的なサイト運営をするには?

中古ドメインで効率的なサイト運営をするには?

パソコンの画面とメガネとペン

オウンドメディアでウェブサイトを運営するには、ドメインを取得しレンタルサーバーなどと契約する必要があります。ドメインとはインタネット空間における住所に相当するもので、ドメインは具体的名住居に相当するものです。オウンドメディアのためにウェブサイトを立ち上げるには、新規ドメインを利用する方法と中古ドメインを利用する方法の二つの選択肢があります。

中古ドメインとは、契約期限切れのままレジストラなどに管理されている過去に運用実績のあるドメインのことを言います。中古ドメインにはバックリンクを獲得していることが多いのでSEO対策にも有益と考えられているのです。バックリンクとは第三者のサイトから貼られてたリンクのこと。中古ドメインでは、過去のサイト運用実績があるので、その過程でコンテンツを更新しているなどのドメインエイジをもっています。

ドメインエイジの過程のなかで、有益なコンテンツを提供していると検索ユーザーから自然なバックリンクを獲得した中古ドメインを元にウェブサイトを立ち上げることで、Googleからインデックスされるまでのスピードが速いとされています。インデックスとは更新したコンテンツに対して、Googleなどの検索エンジンのクローラーが巡回し、新たなコンテンツを回収して評価を加えることです。

新規ドメインの場合はコンテンツの更新を定期的に繰り返していても、なかなかインデックスしてもらえないので、検索順位に反映されるまでの時間が遅いと考えられています。そもそも新規ドメインではなぜインデックスされるまでの時間が数週間から数ヶ月程度必要になっているのか、についてはエイジングフィルターと呼ばれるアルゴリズムの存在も指摘されているところですが、真相は必ずしも明らかとは言えないわけです。

しかし中古ドメインと新規ドメインとでは、インデックスされるまで中古の方が速いなどの、SEO対策上無視できない違いがみいだされるのは経験則上あきらかです。そこでこの違いに着目して中古ドメインを取得してウェブサイトを立ち上げるのはSEO対策になります。しかし中古ドメインを購入するときの業者選択には注意を払う必要があります。特に手動ペナルティなどはサーチコンソールを起動して初めて確認できるものです。そこで中古ドメインの購入するときの、業者選択にあたってはペナルティが判明したなどの際に、返品や返金などの保証が付いているのがおすすめです。