• ホーム
  • メディア運営では「ターゲット設定」を明確に!

メディア運営では「ターゲット設定」を明確に!

オウンドメディアで自ら広告などに実践する際にはターゲット設定を明白に意識することが出発点になります。どのようなメディアを運営するにせよユーザーを明確にしないことには宣伝広告効果を望むのは困難といわざるを得ません。どのジャンルを選定し、コアなユーザー層になるのは年代的にどれほどの年齢なのか男女のいずれかに絞り込むのか、ローカル的に限定するのは地域を問わないスタイルなのかなど、ターゲット設定に際しては想定するべき様相は無数にあります。

しかし個別要素をいくつか適当にピックアップしても、訴求するべき相手方が明確になるのは難しく、メッセージや自社のブランディングなどにとっての理想像、つまりペルソナを適切に設定することが必要です。ペルソナとは仮面のことを直接には意味していますが、オウンドメディアの運営ではメッセージやコンテンツの内容を伝えるのに理想的な属人性を意味するものです。たしかペルソナを想定すればある程度のコンテンツの方向性は明らかになってくるでしょう。しかしまだまだ曖昧なままで、具体的にオウンドメディアで更新するべきコンテンツの中身はまだ明確ではないといえます。

いずれにせよ、ウェブマーケティングを直接的には展開する以上は、SEO対策を意識することが必要不可欠といえます。自サイトが想定するペルソナにメッセージを適切に伝えるには、ターゲット選定と並んでキーワード選定の重要性が明らかになります。自サイトのジャンルにそったキーワード選定でより魅力的で訴求力の高いコンテンツを提供するなら、5W1Hを明確にすることも競合サイトとの差別化をはかるためにも重要です。5W1Hとは、who・what・when・where・which・how、つまり誰が何を・いつ・何処で・どちらをどのようにするのか、を明確にしてコンテンツを作成することです。

ペルソナを想定して、キーワード選定も十分に検討しながら、5W1Hを明確にできれば、オウンドメディアの運営では理想的といえます。オウンドメディア運営では、これらの要素をふまえてターゲット設定を明確にすることで、既存のメディアでは掬い取れないコンテンツを提供し、よりユーザーにとっても魅力的な内容に映るはずです。この点を意識化することで、検索結果の最適化にもつながりSEO対策も同時に実践することにもなるでしょう。従来型のメディアよりも一層対象を具体化することで、最終的には売上などのコンバージョンをもたらすことを期待できます。