• ホーム
  • 【メディア運営】気になる「外注化」の方法とは?

【メディア運営】気になる「外注化」の方法とは?

ホームページなどのオウンドメディアを自社スタッフだけで、コンテンツの更新からセキュリティ対策に至るまで本業の傍らで適切に管理するのは容易なことではありません。しかもホームページ管理のためにさけるスタッフが際とデザインやHTMLやCSSなどの専門知識に精通しているとは限りません。オウンドメディアの管理を自社スタッフに管理させることには費用面以外にはデメリットも懸念されるところです。

そこでホームページのデザインなどもプロにお任せできる、制作会社に外注化する選択肢があります。しかし当然のことながら相当の費用がかかることを覚悟する必要があります。制作会社の費用の計算スタイルには、当初の初期費用は比較的抑えることができるものの、長期間にわたりメンテナンスや記事更新も含めて月数千円ほどの出費が必要な場合もあれば、立ち上げ当初にまとまった現金を支払い、メンテナンスなどが必要な都度有償のサービスを利用するものなど、多彩な費用体系が採用されています。ホームページ制作会社などに外注化するときには、投入する費用に対するコンバージョンなどのコストパフォーマンスを十分に検討する必要があります。

ところでオウンドメディアの運営において、外注化が問題になる局面にコンテンツ(記事I作成の手間を挙げることが出来ます。ペンギンアップデートやパンダアップデートなどのGoogleアップデートによる検索アルゴリズムの更新の結果、コンテンツSEOの重要性が幅広く認識されるようになってきました。ウェブサイトにはそれぞれの取り扱いジャンルに応じて、検索ユーザーに対してキーワードを切り口にして有益な情報を提供することが求められます。コンテンツの中核になるのは言うまでも無く、テキストになりますが、自社スタッフだけで定期的に記事を追加するのは困難というデメリットに直面することがあります。一般的に2000文字程度のテキストは5分程度で読了するとされているので、相応の文字数でコンテンツを揃えることがSEO対策上必須です。

このような事態で記事作成の外注化する方法に、各種のクラウドソーシングサービスに外注する方法があります。クラウドソーシングにはそれぞれにお抱えのライターがいるので、短期間の間に記事をまとめることも比較的容易です。しかし記事にはライターごとの個性が反映される可能性があります。ライターの個性が際立ちすぎると、コンテンツのクオリティにも影響が出る可能性が否定できません。